鳶と火消と伝統文化

 

[char no=”1″ char=”高橋慎治”]江戸時代から明治・大正・昭和の初期までの長年の町火消しという、地域消防の活動を通じ、地域社会での役割を担う鳶職の姿がありました。建築の本業以外での江戸庶民としての文化的価値を長きにわたり熟成されていきました。[/char]それは鳶の職域をはるかに超越した江戸文化の形に見事に昇華していきました。

江戸きやり・梯子のり・纏ふりなどの火消の鳶の文化は、歌舞伎・落語・大相撲・花柳界と同じ江戸伝統芸能を担う者として鳶の文化が知られてきました。

それぞれの町々において代々鳶職を続けて世襲していくことの中で郷土愛を持ち町々を守るような役割を現在でも担っています。

慰霊祭 013

慰霊祭 067